福岡の弁護士による借金 労働 家庭問題の相談    

タイで、日本で、老人が殺害される被害。

1、タイで、日本人老人が現地女性から殺害される被害相次ぎました。

2015年10月13日
タイ中部に在住の84歳の日本人が殺害される。48妻のタイ人妻と頼まれたという隣人男が逮捕される。

タイ・バンコク newsclip.be報道
2014年10月27日(月)

 バンコク在住の日本人S(79)さんの遺体がバンコクの運河で見つかった。
警官がSさんが住んでいたマンションを訪れたところ、Sさんの部屋でポンチャノック容疑者を発見、取り調べ、ポンチャノック容疑者がSさんのATMカードを使い、銀行口座から現金70万バーツを引き出したことが判明したため、逮捕した。
ソムチャーイ容疑者は21日になり、金銭目的でSさんを殺害し、遺体を切断して袋に詰め、バンコク郊外の運河に捨てたと供述。同日夜、遺体の一部が入ったとみられる黒いビニール袋2つがみつかった。遺体はSさんと確認され、ポンチャノック容疑者とソムチャーイ容疑者は殺人などの容疑で逮捕された。

  日本人Tさんは2003年10月、バンコク郊外の民家で死亡した。階段からの転落による事故死として処理され、当時Tさんと結婚していたポンチャノック容疑者が保険金300万バーツを受け取った。Tさんは56歳だった。
警察は2人を取り調べ、ソムチャーイ容疑者が、Tさんを階段から突き落として首を踏んで殺害したと供述した。ソムチャーイ容疑者は殺害の動機について、ポンチャノック容疑者と復縁し、Tさんが経営する農具店を乗っ取るのが狙いだったと話した。

以上バンコクから。

2、日本では、老人が青酸カリで殺されました。犯人は?

 現在話題の小説「後妻業」が売れています。絶妙のタイミング。こういうのも、作家の能力のひとつでしょう。すばらしい!
その宣伝文句は、・・
「色で老人を喰う」裏稼業を描く戦慄の犯罪小説
妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、六十九歳の小夜子と同居しはじめるが、夏の暑い日に脳梗塞で倒れ、一命を取り留めるも重体に陥る。
だか、裏で小夜子は結婚相談所を経営する前科持ちの男、柏木と結託していた。
病院へ駆けつけた、耕造の娘である尚子、朋美は、小夜子の本性を次第に知ることとなる――。
結婚相談所の男と、結婚したパートナーと、死別を繰り返す女につきまとう黒い疑惑。
恐るべき“後妻業”の手口と実態。・・・・」

3、コメント
新聞等で、「老後のために蓄えを」と言われて、贅沢を我慢して節約して蓄え、希望を持ってタイランドに行ったのに、こういう被害に遭うとは気の毒です。日本でも、同様です。
老人にとって、内外とも、なかなか、安住の地と言うのはありません。油断は禁物です。(2014.12.3)

関連記事
親権・面会交流・相