倒産関係相談    山田法律事務所 

坊主と大奥:幕府大奥における老僧日慧のたぶらかし(中山法華経寺の事件)ー再建の殿様・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(3-11-35)

坊主と大奥:幕府大奥における老僧日慧のたぶらかし(中山法華経寺の事件)ー再建の殿様・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(3-11-35)

坊主と大奥:幕府大奥における老僧日慧のたぶらかし(中山法華経寺の事件)ー再建の殿様・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(3-11-35)

第3編 政績発展
第11巻 更張(さらなる発展)事務整理
第35章 更張事務の励行(天保13年、直正公29歳)

・寺社奉行は、寺社の領地、僧・尼、神職の進退、祭祀等の事務、訴訟等を審理し、すこぶる名望あるものを任じ、老中の候補となる慣例であった。

阿部正弘がその職にあったとき、下総国、中山法華経寺の事件の裁判があった。同寺にまつる八幡宮の別当で日慧という老僧がいた。中山派の祈祷方法で、大奥の老女「伊佐野」の帰依をきっかけとして、老女の滝山、野村、瀬山など多くの女中を動かした。文化の初めころからは、家斎将軍の台所もその信仰に及んだ。そのため、彼の勢いは大奥に及んだ。

家治将軍の世子家基がなくなり、家斎公を迎え立てようとした際、日慧は秋葉明神に祈願して、成願すれば江戸城内に1社を建立せんと誓ったが、その後、老中田沼が失脚して建立できなかった。そこで、大奥の女中はみな、神のたたりの到来を予期して恐れた。
日慧は、これを利用して、「神念が城内に留まっている。」といって、神寄せをした際、「当将軍は開運にて、家基公には果報なく恨し」と口走った。そこで、老女花沢等が家基公の霊を若宮八幡宮と称し、ついにその神体を中山寺に勧進するに至った。
そのころ、西の丸の庭の紅葉を刈り取ったとき、家斎公の長子がなくなったため、奥女中等は、紅葉は秋葉に通ずと言って、日慧に頼んで、社を庭に勧進したことがあった。このような大奥にかかる迷信は、日慧によるものと露見した。

寺社奉行阿部は、裁判では、老女等が亡くなり証拠も十分でないため、結局、日慧が尼や船橋の女と密通していたことを理由に、日慧を島流しに処した。

 

・当時、直正公は、藩政が思うように行き届かないとして、人事を刷新し、法令は文書にしてその筋へ公示し、法令通り施行しているかどうかについては、時々、目付から当局に通知するように通告された。
・また、賄賂の利益を計るとして貪婪の聞こえある収賄役人・高利貸しを逮捕し、鬼崎岩之助、満岡相兵衞、佐々木十兵衛らを浪人、隠居に処罰した。
・佐賀藩江戸屋敷の婦人の賛成はなかったが、家老職も廃止し、経費を削減した。

(コメント:江戸時代は、寺社が、領地を持っていたことや、幕府が僧や神職の人事を掌握していたことがわかります。
・宗教家が、政治に口を出すとろくな事はありません。政治では意見をぶつけ合い、妥協点を探ることになりますが、宗教の場合は、教主が言ったことに疑問を呈するとか検討するとかいうことは許されず、ただ信じるだけです。くわえて、迷信を利用すると、信者は思考中止となり、とんでもないことをします。
現在でも、時々、信者にとりついている悪霊を退治するとか言って、殴る蹴るなどの暴行を加え、遂には死亡させてしまう刑事事件もあります。)

・記事の目次は、本ホームページの上の方の「鍋島直正公伝を読む」ボタンをクリック。