倒産関係相談    山田法律事務所 

日本最初の造船家望月大象・肥田濱五郎は、ロシアの造船を研究したー激動の幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(4-18-55-4)

日本最初の造船家望月大象・肥田濱五郎は、ロシアの造船を研究したー激動の幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(4-18-55-4)

日本最初の造船家望月大象・肥田濱五郎は、ロシアの造船を研究したー激動の幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(4-18-55-4)

第4編 開国の初期
第18巻 開国の初歩
第55章 オランダ人伝習の起こり(安政元年 1854年 41才)

日本最初の造船家望月大象・肥田濱五郎は、ロシアの造船を研究した

 ロシア・プチャーチンは、英仏連合艦隊の攻撃を避けながら、9月18日、軍艦ジャナ号で、大阪港に寄港した。大阪・京都は大騒動となった。プチャーチンは、結局、下田に寄港した。しかし、11月4日、津波がおこって、軍艦は船底に大破損を受けた。英仏軍艦の攻撃をおそれたプチャーチンは、別の良港を探したいといって、戸田港あたりを物色した。幕府の許可を受けたプチャーチンは、戸田に向かったが、強風にあおられ、12月2日、駿河湾に沈没した。そこで、乗組員は、戸田村に集まり、スクーネル型船の造船を始めた。

多年造船を研究していた江川英龍は、これを絶好のチャンスと捉え、すぐに部下を遣わせて造船の状況を研究させ、日本で初めて西洋造船術を会得した。ロシア人は、約100余日で造船を竣工し、翌3月カムチャッカに向けて出港した。
江川は、幕府に勧めて、伊豆で、西洋船の模造を始めてたが、不幸なことに、その途中でなくなった。

 このとき、江川に縁故のあった望月大象・肥田濱五郎は、後日、長崎で海軍伝習を受けて、日本最初の造船家となった。
また、その時、雇われていた船大工鍛冶は、西洋流の船材構造の概略を理解し、竜骨の据え付け、組み立てを会得して、幕府の命を受けて西洋船を製造した。

記事の目次は、本ホームページの上の方の「鍋島直正公伝を読む」ボタンをクリック。