倒産関係相談    山田法律事務所 

直正公の胃腸病の原因と魚・鳥の上手な調理法ー幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(5-26-78)

直正公の胃腸病の原因と魚・鳥の上手な調理法ー幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(5-26-78)

直正公の胃腸病の原因と魚・鳥の上手な調理法ー幕末・明治を生きた日本人群像・鍋島直正公伝(久米邦武著)を読む(5-26-78)

第5編  公の国事周旋
第26巻 公武合体
第78章 将軍上洛、公武合体(元治元年 1864年 51才)

・直正公は、昨年末から胃腸病を病んで、 1時は危篤の状況にあった。しかし侍医大石良英の治療によって、なんとか元気になった。
(久米は言う)病気の原因は、直正公が神経質であり、政治のストレスを強く感じ、その結果、胃腸が衰弱したものと思われる。

直正公は、食事をする際、家来が見守る中、 1人で座って食事をしていた。同席して食事をする者もなかった。神経質の常として、甚だ早飯食いであった。侍医大石は「食事の際は、胃腸の神経を和らげるために、食べ物をよく噛んで、唾液を加えて飲み込むべきです。したがって、食間には話をするなどしてゆっくり召し上がるべきです。」と注意した。
そこで、直正公は、給仕の者と話をしたが 、箸を握っている間はやはり早飯食いになり、おかわりをする間だけ、給仕と話をするだけなので、大石は、食べ物を噛みつつ話をするように注意したが、直正公は、大石の言う食べ方は難しいと言いながらも、よく噛むように努めた。

・魚や鳥などの調理は、骨はことごとく取り去って家来の試食用にあて、肉のみを取り出して直正公の食用に当てていた。
これについて、大石は、「魚鳥は、肉だけ煮ては栄養に乏しいのです。すべて生き物の栄養がある部分は、骨皮の間にある脂肪分で、栄養分もまたここに多く含まれています。肉のみを調理するのは、旨みも乏しく、栄養分も奪い去るものです。したがって、これからは骨皮全部を煮て、その中より最も美味しい部分を選んで食用にされるのが一番です。」と勧告した。その後、鯛なども「お頭」を好まれるようになった。

・こういう健康状態であったので、直正公は、本年 4月18日「宰相」に昇任されたが、健康を理由に辞退した。しかし、幕府はこれを却下した。 将軍からは、直正公からの大砲、蒸気機関、製鉄機械を献納したことに対して恩賞があった

 

・その頃のことであったが、甚だ掃除清潔を好む庭番がいた。「掃除仙人」と称されていた。直正公が、池の端の石にコケが生えて次第に濃い緑になっていくのを愛でていたが、ある時コケは剥ぎ取られて石は洗い清められていた。そこで、掃除仙人に尋ねたところ、「あまりに醜い故に掃除をしました。」と答えた。
直正公は、その後、ほかの家来に向かって「掃除仙人もこのように細かく注意が届いては、優雅を失う。掃除も度をこしては味気ない。」と言われた。

記事の目次は、本ホームページの上の方の「鍋島直正公伝を読む」ボタンをクリック。