倒産関係相談    山田法律事務所 

面会交流に非協力な親権者から、親権を他方親に変更した審判例

面会交流に非協力な親権者から、親権を他方親に変更した審判例

平成26年12月18日付け 大分合同新聞 要約 「離婚に際して、子供と父親との面会交流を認めるのを前提に、母親が親権者となったのに、母親の言動が原因で、子供が面会交流を拒否したとして、父親が親権者変更を求めた。福岡家庭裁判所は、同月4日、親権者変更を認める家事審判を決定した。ただし、監護権は母親のまま。 このケースでは、子供が父親と面会した後、母親が子供に対し「ママ、見ていたよ」と言ったことから、子供は母親への罪悪感を感じ、その後父親との面会を拒否した。」

コメント
H27.3.3  事案の内容がよく分かりませんので、コメントは削除しました。親権・監護権を変更した事例をお探しの方は、下記関連記事を参考にしてください。

関連記事

面会交流・相続に、親権・監護権が変更された事例を掲載しています。

面会交流の方法が特定されているとして間接強制を認めた東京高裁決定

面会交流に非協力的な監護者から他方親に変更した東京高裁決定

悲しき子の奪い合い事

事務所