福岡での法律相談 山田法律事務所    

解雇された外国人の方への就労の継続支援を出入国在留管理庁で行っています。

新型コロナウイルス感染症の影響により解雇され、
実習が継続困難となった技能実習生
就労継続が困難となった外国人労働者
採用内定を取り消された留学生等は、
外国人の方の住居地を管轄する地方出入国在留管理局・出張所に
「特定活動(就労可)」(期間最大1年)への在留資格 資格変更許可を申請してみてください。
転職や就職先を見つけることが難しい場合は、求人事業者とのマッチング支援を受けることができます。
入国在留管理庁のホームページ

(I shall not to be liable for any consequential or indirect loss about this news)

According to the news of Immigration Services Agency, when technical intern trainees and the specified skilled workers are dismissed by  the influence of a corona virus infectious disease,
they could submit  an application for authorized employment (period maximum 1 year ) to change the permission of status of residence to the district Immigration Services Agency and a branch office.
When it is difficult to find a job, they could take matching support with employment agency.
Please browse the site of Immigration Services Agency