福岡での法律相談 山田法律事務所    

共同相続された普通(通常)預金債権及び定期貯金債権は、遺産分割の対象となり、当然に相続分に応じて分割されることはない、との最高裁大法廷決定(H28.12.19)

要するに、従来は、預金債権は可分債権だから、相続開始と同時に分割され、法定相続人が相続分に応じて、金融機関に請求できるとの取り扱いでした。 しかし、遺産分割の対象に含めた方が妥当という必要性から、判例が変更されたのでしょ…